しまてつ!


こんばんは!

今日、仕事終わりにホビーセンターカトー東京店(新宿仮店舗)で、

こちらを(σ・∀・)σゲッツ!!してきました!

a0313984_185540.jpg


バーン! 島原鉄道キハ20系ジャンクたち!

前々から欲しい欲しいと思ってましたが、今度の鉄コレNDC発売に向けての、

先行投資でございますっ!! (>Д<)ゝ”ビシッ

※ 情報提供いただきましたリッキー&フランキー氏には大変感謝いたします!m(_ _)m ペコリ
  ハッピートレイン色は、ラスト1だったので嬉しさ満点でした!(・∀・)ニヤニヤ

一般色&急行色の足回りは、カトーLocal-Senキハ20系セットあたりから調達しようかなと。。。



で、なぜ島原鉄道に思い入れがあるのかといいますと・・・

きっかけは、2006年の春でした。

大学サークルの春旅行の際に、全員集合する前にひとりで乗りに行ったのです。

南島原駅で、キハ20系たちと会えました!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

a0313984_124722.jpg

     ▲ハッピートレイン色

a0313984_1253971.jpg

     ▲島鉄標準色

a0313984_1264638.jpg

     ▲国鉄一般色

a0313984_12854.jpg

     ▲奥に隠れている、急行色


この島鉄が、風光明媚なローカル線であるということはなんとなく知っていましたが、

私が特に興味があったのが、雲仙普賢岳の土石流災害によって寸断されて、

のちに復旧を果たした区間である、島原外港~瀬野深江間のことでした。

復旧当日朝のニュース番組『ズームイン朝!』で、高架の安徳駅から生中継していたのを、

当時小学生と幼かった私ですが、かなり印象に残っており、鮮明に覚えています。

そして、実際にこの区間をこの目でじっくり焼き付けたくて、2006年に訪問したのです。


このときは、まさかこの区間が2年後に廃止されてしまうとは、想像もしていませんでした。。。


a0313984_1411488.jpg

     ▲高架になった安徳駅から水無川橋梁を見る

a0313984_1444685.jpg

     ▲復旧で活躍したDDと、バックに聳え立つ雲仙普賢岳


途中に立ち寄った、「道の駅深江」には、土石流によって飲み込まれてしまった家屋が

そのまま保存展示されており、普賢岳の災害がいかに甚大であったかを物語っていました。

このときは、駅間を徒歩で、嘗め回すようにじっくり鉄道復旧区間を巡りましたので、

私自身に悔いはありません。


しかしながら、復旧を果たし、様々な人たちの生活や夢を運んでいたはずの鉄路が、

こう、いともたやすく廃止されてしまう事に、なにか空しさを感じずにはいられません。

・・・まあ、線路に平行して島鉄のバスが走っていたことと、過疎・高齢化が原因でしょうから、

仕方ないといえば仕方ないのですが・・・。(´・ω:;.:... ショボーン


a0313984_25220.jpg


現在は諫早~島原外港間で運行を続けている島原鉄道。

ですが、この先も決して安泰とはいえないでしょう。(´;ω;`)ウッ…

また近いうちに、ぜひ訪問しておきたいなと、しんみり感じた夜なのでした・・・。。。(; ・`д・´)
[PR]

by route-122 | 2013-11-06 02:10 | 鉄道写真  

<< 牧場レイアウト製作記(1) 天高くウシ肥ゆる秋 >>